よくわからないから楽しい

たまに何を言っているのかも分からなくなります

「ベンチャー企業だと思って入社したのに・・・」が25000PVに達したので振り返りとかを少々

まずはお礼から。

ベンチャー企業だと思って入社したのに、ただの零細企業だった・・・

先週書いたこの記事ですが、おかげさまでたくさんの人に読んでいただきました。どうもありがとうございます。

このブログ自体は普段からオピニオン的な記事も書いていたりするので、上記の記事の中身が特段いつもと違うということは無いと思います。タイトルだけちょっと煽り気味になっていますが、どちらかというとこの記事はタイトルありきだったんですよね。

こういうミスマッチを起こしている人って少なからずいそうだなぁって思って、その原因になりそうな要素を自分なりに言語化するために、中身となる記事を書いてみた。そんな感じです。

 

一瞬でバズって一瞬で元に戻った

 

このブログは6月中旬くらいから始めています。記事を更新した日でも多くて600PVくらいです。

そんな弱小ブログのPV数が冒頭の記事でどうなったか。それがこちら↓

8/6(水) 28 更新無し
8/7(木) 12,237 → 前日比 437倍 笑
8/8(金) 13,315
8/9(土) 1,699 更新無し
8/10(日) 477 更新無し

 


グラフにすると強烈だな・・・。

 

当初は金曜に公開しようと思っていたんですが、こういうタイトルということもあり、なんとなくバズりそうな予感がしたんですね。でもって、土日にアクセスが落ちるのもこれまでの傾向からも明らかだったので木曜公開に変更した結果、こんな感じになりました。

単純に考えると、バズりそうな記事は月曜に公開するのがいいのかな?

もっとも、100とか1000くらいのPV数を見込むレベルの記事であれば、平日ならいつ配信してもあまり変わらないような感じもします。計算が強く働き始めると、よくある炎上によるPV稼ぎ系の記事が出来上がったりもしそうなので、ほどほどが良さそうですね。

流入経路について、はてぶのホットエントリーGunosy砲によるインパクトがとにかく凄かった!FacebookやTwitterからも一定数のアクセスはありましたが、前者の2つは抜きん出ていました。

 

多方面からリアクションがあるのがすごく新鮮で楽しい

 

これだけPV数があれば、読んでくれた人のリアクションもさまざまです。

普段私のブログを見に来るのはネット業界近辺の人が中心ということもあり、意見や感想といったフィードバックにその辺の偏りを感じることも少なからずあります。

自分が所属する狭い世界だけでなく、その外側にいる人たちからリアクションが貰えたのはとても貴重な経験でした。

はてぶのコメント欄から、いくつかパターンに分けて抜粋してみます。

 

■ 同意・あるある系

 

ヴィジョンのあたりは確かにそうかも

非常によくある。IT企業だと思ったらただの派遣企業だったり、大企業だったと思ったらブラック企業だったくらいによくある。

ベンチャーの定義にとても同意。成長できそうなトコに行くより、そこで何を為して、その結果己を成長させるかの順番で考えた方がいいんじゃないかな。

 

■ 「自分も体験あり」

 

ああ、確かに自分のいたベンチャーはビジョンがしっかりあって行動規範もビジョンに忠実だったなあ

これはある。というかそうだった。判断するのは難しいけど、人事じゃなくてエンジニアの人と複数人会わせてもらうのがいいと思う。

社員レベルに伝わってるビジョンがゼロのところにいたからよくわかる

 

一般論ですが、自分の体験と重なるような記事ってシェアしたくなりますよね。

 

■ 否定とか疑問とか

 

新卒で企業を外から判断するなんて無理でしょ

さすがに感覚でわかりそうなもんだが

ビジョンもクソも「学生に身の丈の合わない夢見させて入社させた後こき使う仕組み」がしっかりしてるかそうでないかの違いでしょ。そもそもネームバリューのない中小企業がちゃんと使える新卒取るにはこれが全て。

 

■ さらに否定的な見解(完璧であったり明朗な答えを要求する人々)

 

こんなもん、間違えるやつはどんな定義を言われても間違えるわけよ。「ビジョン」などというあいまいなどうとでもいえる言葉じゃなくって、企業を見極めるためのきちんとした指標でも書いてやらんと意味がない

ううむ、ビジョンを持ってるだとか目が死んでるだなんて主観でしか無く、定量化できないのなら、成長できるだとか裁量が大きいとかと大して変わらないような気が。

成長を何と捉えるかで大きく文脈が変わるよね。雑務も含めて自分で決めて動けるのも成長だし、技術にフォーカスして新しい言語でサービス作りまくるのも成長。話の主語が大きすぎるしピントもずれてる気がする。

 

このリクエストにきっちり応えようとしたら、本の1冊でも書けそうな気が・・・。ブログの1記事程度のボリュームにそこまでは盛り込めないかな。

 

■ コメ主が思う「ベンチャーの定義」

 

そもそもベンチャー=零細

ビジョンじゃなくて、成長率かせめてビジネスモデルじゃないのか。

「どっかから投資受けてる&短期間期限付きで成果を求められてる」この条件に当てはまらなかったら全部零細でOK。

 

記事の主旨でもあるんですが、大事なのは「ベンチャーに入りたい」と思っているその人自身が、「ベンチャーとは何か」をちゃんと定義して見極めること。何をベンチャーだと思うかは人それぞれでいいんじゃないでしょうか。

 

■ 企業の見極め方

 

ただの中小が意図的にベンチャー風味を装ってることはあるので、面接で聞いてしまうのが早い気がする

就活するときに耳障りのよい言葉を思考停止して受け入れるのは良くないと思っています。

サンダル履いてるのがベンチャー。

 

■ その他いろいろ

 

零細企業でも幸せになれるのが当たり前であってほしいねぇ。

すき家はベンチャー企業ですかね(ゲス顔)

ベンチャーは入るべきものじゃなくて、作るべきものなんだろうね

 

■ おまけ

 

タイトルが秀逸ッス

→ ありがとうございます(^_^)

 

まとめ

 

たくさんの人に記事を読まれた結果、TwitterやFacebookで粘着される。そんなケースを頻繁に目撃していたので、PV数のカウンターが見たことの無いスピードで上昇していくのを見て、「こ、今度は自分がその当事者になっちゃうのか!?」と正直少し不安ではありました。

はい、チキンです。でもマジで怖いんだからね! 

あからさまなPV狙いの炎上記事を書いているブロガーさんもいますが、よほど肝が座っているか、感覚が麻痺してないとできないですよ、アレ・・・。

そんなこんなで、周りの人が 面白がって 心配してくれていたのですが、特に身の回りに変化は無く、おかげさまで今日も平和に過ごせています。 

個人として発信したコンテンツがこんなに多くの人の眼に触れるなんて経験、今までしたことがありませんでした。自分はインターネットに仕事で関わる人間でもあるので、そういう意味でもかなり貴重な体験ができたんじゃないかと思います。

とりあえず言えるのは、ブログって楽しいねってことかな!
(雑なまとめですいません)